Top / MM2R / DATA / 戦車 / ビームキャノン

ビームキャノン Edit

基本情報 Edit

攻撃力守備力弾倉重量重量変動
レア度最小初期最大最小初期最大最小初期最大最小初期最大
無印115460529187597--2.60(0.50)t5.00t6.35t±0.15
範囲貫通小属性ビーム外観ビームキャノン系販売価格*5000G

改造費用 Edit

攻撃力守備力弾倉
レア度ダウンアップダウンアップダウンアップ
無印194001200194003400改造不可

販売箇所 Edit

  • 無し

その他入手法 Edit

  • スタンプ屋200ポイント景品(★0)
  • サルベージ(★0)

コメント Edit

  • ★0固定。
  • MM3と比べると早い段階で入手出来、思わぬ使い勝手の良さを発揮する一品。
    • 理由として弾数∞、貫通、そして序盤ではビームを反射する敵が少ないことが挙げられる。
      雑魚戦でも気軽に高威力の砲撃が出来るのは心強い。
      そして、今作のビーム属性攻撃は水中に潜った敵に対してそこそこの確率で攻撃が届くため、それらへの対策にもなる。
      水上で出現する敵はビームを弱点とする敵こそほぼいないものの、ビームを無効とする敵はフジツボレーザーぐらいしかいないため、意外にも使いやすい。
    • 会心の一発が発生した際のダメージボーナスがないことから、
      武器自体の会心率が高めに設定されているようである。
  • 迎撃能力に対応。迎撃能力を持つCユニットやシャシーに装備すると迎撃可能になる。
    • 弾倉が無限なので長期戦に耐える他、威力的に苦しくなった後は迎撃用に積んでおくのもいい。
      同性質のビーム兵器の中では軽い方なので、シングルエンジン車の防衛用にも。

  • 大砲タイプの武器においては唯一【迎撃能力対応】と【弾倉∞】を両立できている武器。
    SウルフVF(特性:キャノンラッシュ)をダブルエンジン化させてる場合、
    これと「スパイダーネット」を積む事で攻防一体となるため、さらなる活躍が見込める。
    このように地味に有用なので、序盤入手品とはいえ超改造する価値は充分にある。


Last-modified: 2016-11-20 (日) 10:03:46 (1839d)