Top / MM2R / 攻略 / 攻略ガイド / トビウオン

トビウオン Edit

鮫との戦いに水を差してくる魚。
動きがやたらとダイナミックなのがチャームポイント。

出現地帯 Edit

    • デルタ・リオ、イスラポルト連絡航路付近。
    • ハンターオフィスで情報をもらうと地図上にアイコンが表示される。
    • U-シャークやトータルタートルと比べると、移動スピードがかなり速い。

要点攻略 Edit

1ターンに2〜3回攻撃。
ターン終了時に破壊されたパーツを自動修復。
全体攻撃、複数回攻撃が多く、2回行動のせいもあってSP、HPがもりもり削られる。
一定量HPが減ると撃墜、水上へ落ちる。
着水後は攻撃パターンが変化し、パーツ破壊効果のある魚雷を連射してくるようになるため速攻で勝負をつけよう。
HP自体はかなり低いため、会心の一発や弱点の電気属性などで大ダメージが出るとあっさり撃沈することも。
なお、遭遇時・着水時共に空中状態の為、湖の敵でありながら、魚雷弾、シーハンター、水中銃が無効化されるので注意。
ドリル系武器は無効化されないが、極端に当たりにくいので使用は控えるほうが無難だろう。

主な攻撃手段 Edit

実弾攻撃がメインなのだが、全て迎撃不可能。ただ、他の賞金首が乱入してくる場合に備えて迎撃能力はあった方がいい。

  • 爆撃
    撃墜前に使用。 高所からパーティー全体に爆弾を落として攻撃する。
  • 機銃掃射
    こちらも全体攻撃で、撃墜前に使用。水しぶきが特徴的。
  • トビウオロケット
    撃墜後に使用。
    無数のトビウオ型弾頭がパーティー全体にめがけて泳いだ後、爆発する。
  • 魚雷弾
    撃墜後に使用。
    こちらが使える魚雷弾とは攻撃エフェクト・攻撃範囲が異なり、全体攻撃。
    威力が高い上にパーツ破壊効果付き。生身で受けると気絶する可能性がある。
  • 突撃
    撃墜後に使用。
    防御力依存の体当たり攻撃。
    「ゆるめる」で弱体化させると被ダメージが減少する。
  • 逃走
    撃墜前かつ乱入時に使用。

対策 Edit

煙幕花火が有効。元の命中が高いのか、目に見えてダメージ量を減らせる。
セメント弾を利用すると、飛行状態が解除されるため、シーハンターも当たるようになる。
ただし、撃墜すると再び飛行状態に戻るため、セメント状態にした場合は再び撃ち込む必要がある。
また、メカの為、メカニックのゆるめる、スパナ乱舞が効果的。

電気属性が弱点の為、電気属性武器を用意し、上手く雨天時を狙って、ダメージ量の増加を狙うのもあり。

着水前の状態のみメカニックの解体が効いてしまう。ただし、この場合はドロップアイテムが一切入手できない模様。
そのため、着水前は普通に撃墜して、着水後になった後にキラー化したり瞬殺することでマラソンが捗るようになる。

落とすアイテム Edit

  • ウオノクラフトα
    改造すれば★★★で最大積載量69.60t(自重0.36t)に特性ツインボーナスを得る脅威のエンジン。
    といっても特性を活かすには周回が必要。
    (裏技を使えば1周で複数入手も可能だが、相当に運が絡むうえに敵を圧倒できるだけの実力が必要)
    一周目で運良く手に入れば、カリョストロ撃破に大きな貢献をしてくれるだろう。
  • トビクラスター
    4回攻撃S-E。強化版連続鳳凰といった趣の性能で、あちらに比べて随分軽い。
    S-Eなので弾数を増やせないのが若干痛いか。
    多段S-Eは店売りのシーハンターが強力すぎるため、相対的に出番が少なくなる悲劇の武器。
  • ウオンディーヌ
    特性「S-Eラッシュ」を備えるCユニット。
    性能の拡張性や重量などで比べると、同じ特性を持つミサイルボックスの上位互換。
    キラ化してもなかなか落とさないほどにドロップ率が低いが、この系統では文句無しに最強という素晴らしい性能。
    改造費用が高くつくうえに、改造段階がやたらと多いのがネック。


Last-modified: 2019-07-11 (木) 23:41:04 (7d)