Top / MM2 / 検証 / バトー戦車の重量

バトー戦車の重量の秘密 Edit

バトーけんきゅうじょで作れるNo.8戦車は設計時と改造屋利用時の重量増減に差がある。
これを利用して重量を最適化する事が可能。

重量増減表 Edit

  • 緑色は設計時に上げると得するパラメータ
  • 赤色は設計時だと損するパラメータ
改造方法重量/守備力重量/弾倉
大砲機銃特殊
改造屋(全シャシー共通)2.55t/255(0.08t/8)0.01t/80.60t0.20t0.40t
アビシニアン設計時2.55t/255(0.08t/8)0.01t/90.55t0.10t0.55t
ストラディバリ設計時2.23t/255(0.07t/8)0.01t/80.45t0.25t0.50t
ティーガー設計時1.91t/255(0.06t/8)0.01t/70.60t0.20t0.40t
レオパルド設計時1.59t/255(0.05t/8)0.01t/60.70t0.15t0.35t

重量最適化 Edit

  • 守備力について
    • 守備力が過剰と判断した場合でも、ひとまず下記の例に従って設計しておき、完成後に改造屋で守備力を下げれば本来のスペックより軽くなる。
      • 改造屋で守備力を上げようとした場合、本来の守備力の上限が255になるシャシーでも、254までしか伸ばしてもらえない。
  • 弾倉について
    • ストラディバリの場合は改造屋で変更した場合と変わりないのですが、
      8の倍数にしておかないと、128に足りない状態が上限になってしまいます。
      そのため、下記の表ではひとまず最大としています。
  • 穴について
    • 装備する数だけ、ひとまず設計時は下記で統一して開けておく。必要に応じて、改造屋で穴を変える。
      たとえばアビシニアン設計時に本来より軽量となる機銃の穴(0.10t)をあければ、
      後ほど改造屋で大砲の穴に変える(+0.40t)ことによって、大砲の穴が本来なら0.60tになるところを0.50tになる。
      以下はそれ等をフル活用した各シャシー毎の最適化構成例。
    • 本作では改造屋で穴をふさぐことができないので、装備する武器の数だけ穴を設定するようにしたい。
      逆に穴を途中で増やしたい場合は、もう一度バトー研究所の設計で増やすこと。
守備力弾倉
アビシニアン205 or 255128機銃
ストラディバリ250 or 255128大砲
ティーガー2550(自由)
レオパルト2550機銃 or 特殊


Last-modified: 2019-07-19 (金) 21:37:54 (145d)