Top / MMR / 検証 / 攻撃力と守備力

攻撃力と守備力について考えてみる Edit

やたらとダメージの浮き沈みが激しいMMRのダメージ法則をちょっと考えてみようと言う検証。

書いてある事は仮説であるため、今現在答えは出てないんであんまり期待しないで下さい。(大破)

攻撃力について Edit

攻撃力単独でみてみる Edit

まず攻撃力の数値と言うのは「与えられるダメージの最大値」を現している数値と思われます。 通常攻撃では攻撃力を上回るダメージが出るケースは会心の一発を除いてほとんどありません。

攻撃力と運転/戦闘レベル Edit

その攻撃力に運転/戦闘レベルの要素を加えます。

運転/戦闘レベルが与える影響は「命中率」です。ココで書く命中率と言うのは、攻撃の当たる確率ではなく「攻撃力をどれだけ発揮するかの数値」と言うちょっと変わった概念の物です。(ややこしいので以後「ダメージ命中」と表記します)

例えば攻撃力100のパーツで攻撃した際にダメージ命中が高い方が100と言う数値を出しやすくなり、逆に低いとふり幅は下の方にも広がり1ダメージと言うこともありうる、と言う事です。

その補正値の決まり方は相手の回避率(ダメージ回避)によって決まります。

この辺りの概念は1や2のダメージ法則と似ていると考えてます。

会心の一発 Edit

会心の一発は「100%のダメージ(=攻撃力の数値通りのダメージ)を与える」と言うだけではなく、何らかの数値に依存されて+αのダメージボーナスがつくようです。パーツごとに補正値がある気もしますが、詳しくは不明です。 (ちなみに、同じステータス状態で同じ攻撃力の205mmキャノンと225mmヒュドラで3回ずつ出してみた所、ヒュドラの方が強力と言う割と異なる結果が出ました)

守備力について Edit

守備力単独でみてみる Edit

まず守備力の数値と言うのは「体当たりのダメージ計算に影響」と言うのが明らかにわかっている事で、次に「パーツの破損率を下げる」事も影響しています。

さて、それ以外の要素として通常のゲームで言われる守備力の役割である「受けるダメージを下げる」ですが、これについては後述の文章をご覧下さい。

守備力と運転/戦闘レベル Edit

で、守備力と運転/戦闘レベルを合わせて考えた時の仮定ですが、攻撃力の逆で「回避率」に影響します。もちろんダメージ回避の事を指します。他のシリーズと異なる点は、単純にダメージをマイナスするというわけではなく、ふり幅の低い方を出しやすくする(※1)、または幅自体を広げる(※2)んだと思います。

(※1>守備力の低い相手にほぼ確実に最大ダメージ与えられるのを7割にしたりする感じ)

(※2>守備力の低い相手に70%〜100%出せる相手の攻撃を30%〜100%にできる、と言った感じ)

その低減率って言うのは運転/戦闘レベルが何処まで守備力を活用できるか、にあると思います。例えば運転レベルが低いと守備力が300あっても守備力を100までしか生かしきれず、逆に運転レベルが高くても守備力が50しかないと50なりの防御になる。という仮説です。


Last-modified: 2007-06-17 (日) 10:30:35 (3749d)