Top / MMR / 攻略 / 攻略ガイド / 渚の洞窟

渚の洞窟 Edit

戦車が埋まっていると言われている、砂浜の果てにある洞窟です。

入手アイテム Edit

名称場所
ウォズニアクII1F左の行き止まり部屋地面
V24ハルクB2広間の左上の辺り地面
安全メットB3戦車進行不能エリア地面
ティーガーB3右下の小部屋状エリア地面
95mm砲B3地中(ティーガー初期装備)
タイルパック80B3ティーガー埋蔵地点の近く地面

要点攻略 Edit

準備は入念に Edit

この洞窟は外の砂浜にいる厄介なモンスターがうろうろしています。油断すると戦車が壊されたりするので酸対策にアルカリワックス、適量(10セットくらいあれば余裕)のタイルパック80、そして埋まっている物を探すわけですから金属探知機は必須です。あとはグループ攻撃の装備。幸いこの洞窟のモンスターはHPが低いためガトリング砲でも対応は出来ます。

注意する点は、もしこの時点で戦車を4台以上持っている場合、牽引車は置いていきましょう。ここに取りに行く物は戦車です。間違って牽引車を持ってくるとまたここに来るハメになります。

埋蔵品詳細 Edit

埋まっている物の詳細データです。入手アイテムの項では書きにくいのでこちらでまとめます。

ウォズニアクII
入ってすぐのフロア、入り口から左に見える小部屋へ向かう通路をまず下に行き、壁に突き当たったら右に1、上に2マス。
V24ハルク
B2広間(1F〜B1のスロープを降りてすぐ左に行くとあるスロープを下りたエリア)、スロープの隣(右に1つ進めばスロープを登るポジション)から上に9マス、左に9マス。
安全メット
B3スロープ裏のガレキに囲まれた場所、上の凹形ガレキのくぼみの部分から下に3マス、左に1マス。
注:取りに行く時は生身になるので余裕が無い、取りに行く必要を感じない場合は行かない方が賢明です。
ティーガー
B3スロープから降りて右下の小部屋状のエリア、右端の壁に張り付いて右上の壁に当たるまで上を押し、そこから左に1マス。
95mm砲
ティーガーとセットで入手。
タイルパック80
ティーガーから左に2マス、下に1マス。

要注意モンスター Edit

アシッドアント
コイツ自体はここまで来るとザコですが、酸攻撃が例によって厄介です。戦車から降りて戦うにもここはレーザーミミズなどが居て危険なので酸覚悟で降りずに戦いましょう。もちろんアルカリワックスは常備しましょう。
レーザーミミズ
外でも洞窟でも嫌な存在です。出合ったら逃げるよりも被弾覚悟で一掃した方が経験とお金が入る分ずっといいです。
地雷モグラ
注意と言うほどではありませんが、戦闘中潜ったきり出てこないコイツは戦闘終了後に周囲1マスのどこかに潜み、そこを踏むと爆発します。ダメージは小さいのですが小ざかしいのでそういう場合は金属探知機で探し当てて避けましょう。一歩動けば消滅します。4方向を固められていたらご愁傷様ですが。

その他 Edit

ティーガー Edit

早ければ3台目、便宜上は5台目の戦車は普通にやっていれば最初の重戦車となるティーガー。重戦車と言うだけあって流石にシャシー重量は高く、手に入れてからすぐに実戦導入するのは容易ではありません。さらに重量以外にも様々な障害があります。まず機銃を装備できる穴が存在していない事。これではザコとの戦闘で大砲を撃たざるを得ません。お金があるなら予備弾で補えばいいのですが、グループ攻撃を考えるならしばらくはソルジャーに乗せておき、戦闘の時は降りて戦わせるようにし、ボス戦の場合はメカニックかハンターに乗せてガンガン大砲を撃てばいいでしょう。

別の問題としては2〜4つほどくっついているナマリ茸です。1つ0.10t、装甲タイル10枚分ですが、高出力のエンジンが無い場合は結構な負担になると思います。この時点ではナマリ茸を何とかする方法は無いのでシャシー重量であると割り切っておきましょう。アイテム欄については泣き寝入る他ありません・・・

戦車道具の積み替えを Edit

この辺りまで来ると車庫に入れる戦車が出てくる頃だと思います。ここで気をつけたいのは戦車道具です。ドッグシステムともなると多分使おうとして持っていない事に気がつくでしょうけれども、他の補助関係の道具は移動中直接影響が無い物がほとんどですので、戦闘に入って、作動していない事によりやっと気がつくと言うほどになると思います。しかしそれが眠りガスや麻痺ガスを除去する換気装置などだと致命傷になりかねないので戦車を手に入れるたびにパーツだけでなく道具も気を配りましょう。ドッグシステムに限って言えば、一番確実なのは恐らくハンターの乗る戦車はこの先しばらく使うであろう、常にいい戦車であると思うので、ハンターの乗る戦車に常に積み替えるようにするといいでしょう。

次の目標地点 Edit


Last-modified: 2013-03-11 (月) 21:16:59 (1538d)