Top / MM4 / DATA / ハンター

ハンター Edit

ご存じ、メタルマックスの主役。クルマを駆り戦場を駆け抜けるクルマ専門職。
今作では男気パンチ/パンチラキックがハンター固定の特技から消えた為、白兵戦用の特技が完全に消滅し、代わりに『百花繚乱』を習得した。
…のだが、この百花繚乱は言ってしまえば単なるダーティラッシュである
それ以外の技は2Rと同様で、ブースターポイントで使用回数に加えて内容も強化される。

『電光石火』は極めると確実に4回攻撃できるように強化され、攻撃範囲を問わず使いやすい。
ハンター・メカニック・アーチストを除いた職業だと『スパナ乱舞』との実質二択になるが、それが無いため、ハンターにとってかなり強力なアドバンテージである。

『囮よせ』はクルマから飛び降りて敵を呼ぶ仕様に変化。クルマがダメージを受けることは無くなったが、あまり体力のないハンターが体力を減らされるのは痛い。幸い犬が覚えるため、特に拘りが無ければ犬に任せよう。
前作から仕様が変更され、地面に埋まっている敵を呼べなくなっているため、一部敵が呼べない点にも注意。ただし、DLC賞金首のダイコンデロガは呼び出し可能で、埋まったままの状態で引き寄せる。

『ハンターマジック』は変更無し。強力なこのスキルを確実に習得できるのは非常に大きい。
このスキルが固定枠に入っている都合上、ハンターマジックの入っている場所の特技を自由に変えられるのが大きなメリット。
この特技はブースターポイントによる強化の対象外。

『ゴーストドリフト』は大幅に弱体化。特技の使用だけでは確実な回避を望めなくなり、使用回数も伸びきらない散々な仕様に。ハンターならハンターマジックがあるため、迎撃を持たない敵相手なら照明弾でも投げた方が良いかもしれない。
ただし、発煙筒・強力雲の素・照明弾の影響下にある敵からの攻撃に対しては、確定回避の特技に変化する。(一部、どうしても避けられない攻撃が存在する他、煙幕花火や雲の素ではダメ。)

『全門発射』はブースターポイントを振ると命中や会心率が上がるため、ラッシュ系特性より高いダメージを与えられるようになる。電光石火の使い勝手がいいので後回しになりがちだが、育てて損は無い性能で、守備力の高い相手に有効。しかし、『ねらいうち』同様に身かわしタイプが「壁」タイプ(鉄球やドリルでダメージが上がるタイプ)には会心の一発が発生しない。

一方で能力的には素早さは高いが腕力、体力はメカニック・ナース・アーチストほどではないものの低め。ソルジャー、舞闘家、レスラー、ライダーと比べると明らかに弱い。
生身での戦闘は不得手で、スパナ乱舞もハンターが使う分には最高クラスの技だが、他の職と比べると大したダメージは出ない。
しかし、迎撃回避の全体攻撃ができるクラーケンの目玉を装備できるなど、装備可能な武器には恵まれている部類。
運転レベル、戦闘レベルは最終的に周りもカンストするため、戦車戦闘での差別化が鍵か。

DLCのレナ、ケン、はんたの能力は汎用ハンターと同じであるため、この3人の誰を使っても性能差は生じないが、ドラムカンだけは成長率が独自のもので、汎用ハンターより腕力・体力が大きく上回ってライダーに近いが、素早さが汎用ハンターより低くなる。

固定習得特技

種別スキル習得LV説明
移動獲物の匂い1その場所にどんなモンスターが出現するかを、一瞬でかぎわける。
クルマねらいうち7敵の弱点を察知し、そこを狙って攻撃する。会心の一発が発生しやすい。
クルマ電光石火10クルマに積んでいる兵器で2回連続攻撃する。レベルが上がると、攻撃回数アップ!
オートハンターズアイ15歴戦のハンターならではの経験とカンで、モンスターのさまざまな情報をみやぶる。
移動囮よせ25自らをおとりにして、狙ったモンスターを仲間のところまでおびきよせる。レベルが上がると、成功率アップ!
クルマハンターマジック30すばやくクルマから飛び降り、身に付けた人間武器で攻撃して、すばやく車内に駆けもどる。
クルマゴーストドリフト40運転に集中することにより、神業のごときドリフトで敵の攻撃をかわす。レベルが上がると、使用回数が増える!
クルマ百花繚乱50クルマに装備した武器を手当たり次第、ランダムに発射しまくる。レベルが上がると、使用回数が増える!
クルマ全門発射55クルマに積んでいる、使用可能なすべての兵器を1ターンで発射する。圧倒的な火力を実現!

上記の通り、戦車戦闘の特技は揃う。
特技を切り替える場合、メカニックの特技で回復やウィークショットを習得するか、白兵戦を補うかの選択になるだろう。
有用な技を自力習得するメリットにより、特技選択の自由度は高い。


Last-modified: 2018-02-09 (金) 19:46:11 (130d)