Top / MM2R / DATA / レスラー

レスラー Edit

HP・腕力・体力と戦闘LVの伸びが良い人間戦闘のプロ。
装備に金はかからないが、良くも悪くもLV次第な晩成型であり、序盤は突出したものが無く使いづらいかもしれない。
単体攻撃は強力なものの、範囲攻撃がスキル頼みになるのも痛いか。
前作では連続攻撃も特技頼りだったが、今回はレスラーが使える連射系武器が登場したため、腕力の高さをより活かしやすくなった。
敵の迎撃能力が強化された中、レスラーの通常攻撃と特技は敵の迎撃・ガード・吸引といったものとは無縁。
しかし、相変わらず属性を伴った通常攻撃ができないため、ソニックバットやカミカゼボムといった攻撃をよく避ける敵への対抗手段が少ないのが短所。
そのような相手には、火炎カブキで対抗することになる。
操作可能なメンバーの中では素早さが最も上がりづらいが、こちらは行動順の予測を立てやすいというメリットにもなり得る。
高確率で後手へ回るため、攻撃を喰らってから回復等。

生身での火力は他の追随を許さないため、特定の相手で非常に頼りになるだろう。
ドラムストレッチによる攻撃力アップ効果が強く、白兵でクルマの主砲並みのダメージを出せる。
相手の防御によるダメージ軽減量を超えやすいため、防御の高い敵に強い。
防御高い=タンク系である可能性が高いのが痛いところか。

ドラムストレッチは、使用した次のターンの攻撃の威力を増加させる。
次のターンで攻撃や腕力に依存する攻撃系特技以外のコマンドを入力した場合、効果が持ち越されない点に注意。
また、男気パンチ(パンチラキック)、ジェットハットには適用されない。

ジェットハットは守備力依存の単体攻撃で、攻撃対象の守備力がこちらの守備力よりも高すぎると、
逆にこちらがダメージを受ける点に注意。
そして、ヨコヅナオーラ等のパラメータアップ技の影響を受けない。
身交わしに関しては通常属性のものが適用される。
そのため、カミカゼ系等の高速タイプや、ナイトストーカーの幽体タイプには攻撃が当たりにくい。
属性耐性を無視する効果があり、通常属性耐性が強いちょうでんどうX等に対して、ダメージが軽減されない。
ただし、マシン系・タンク系特有のダメージ軽減に関しては別で、属性ではないので無視できない点に注意。
通常属性無効のナイトストーカーにも適用され、セメント状態にしてしまえば、しっかりとダメージを与える。
電気・音波・ビーム属性以外で通用する手段ではあるが、素の状態ではまず当たらないため、狙って使うものではない。
そもそも、そのきっかけとなるセメント弾がなかなか当たらない。
余談だが、アクセルが使った場合のみ、何故か蹴りで攻撃する。

種別スキル習得LV説明
人間ドラムストレッチ1筋肉をほぐし、気合を入れ、つぎのターンの攻撃力を2倍に高める。
人間エルボー乱気流4エルボースマッシュからの連続攻撃で、敵1体に何度もダメージをあたえる。
人間火炎カブキ8ガソリンを含み、口から火を吹いて敵を攻撃する。空を飛んでいる敵も攻撃できる。
人間肉塊グラインダー12回転しながらの落下攻撃で、目の前のすべての敵を同時に攻撃する。
人間男気パンチ20自分の男らしさを拳に乗せ最高に男らしいパンチを放つ。男らしいほど、威力が上昇
(男・麗人が習得)
パンチラキック自分の女らしさを武器として最高に女っぽいキックをはなつ。女らしいほど威力が上昇。
(女・オカマが習得)
人間ニトロラリアット24通常の2倍の破壊力をもつ必殺のラリアット。会心の一発になる確率も高い。
人間台風チョップ281ターンのあいだ、手当たりしだいにカラテチョップを連発する。
人間ジェットハット36猛烈なショルダーブロックで敵に体当たり攻撃を敢行。守備力が高いほど威力が増す。
人間ヨコヅナオーラ48集中力を極限までとぎすまし、3ターンのあいだ、おのれの肉体の全性能を3倍に高める。

サブ選択 Edit

  • ハンター
    ソルジャーと同じくバイク向きになるものの、装備武器の種類が少ないのであちらよりメリットが少ない。
    戦車に乗っている時にハンターマジックで攻撃できるのが利点。下手な連射系機銃よりも高威力。
  • ソルジャー
    武器の知識は武器の威力だけを上げ、腕力は関係ないので、レスラーの低威力の武器では恩恵が薄い。
    それでも、レスラー自身の高い攻撃力から繰り出されるダブルアタックやぶっぱなすは強力。
    メインソルジャー+サブレスラーに比べると腕力や体力では勝るが素早さは劣る。
    後手に回る傾向が強いレスラーだが、おたけびを使うことで行動順もある程度は調整が利く。
    迎撃可能な武器を装備出来ないため、人間パトリオットが死にスキル化するのが欠点か。
  • ナース
    後攻回復が最大のメリット。
    とはいえレスラーの火力を捨てるのはやや勿体ないか。
  • メカニック
    スキル使用中の降車状態で攻撃を喰らってもまず即死しないのが利点。
    対タンク系戦闘で耐えつつ「ゆるめる」や「解体」を使えるのも大きい。
    スパナ乱舞が腕力依存の攻撃であり、腕力の高いレスラーとの相性が非常に良く、とんでもないダメージを叩き出す。
    なお、同じ全体攻撃の肉塊グラインダーよりもダメージ倍率が高い。
  • アーチスト
    金粉で防御を上げられるため、生身での対タンク戦が多少楽になる。
    ヨコヅナオーラとドラムストレッチを絡めて暗黒舞踏を使うと素敵なダメージが出る。
    暗黒舞踏は敵が複数いても攻撃対象が分散しない上に台風チョップよりもダメージ倍率が高いのが利点。 攻撃倍率の高さゆえに、強くなるとダメージ消失現象が発生する。
    一発3万を突破した辺りから稀にダメージ表記が消失するようになる(戦闘モードAではテキストでダメージ確認可能)。
    この状態でもちゃんとダメージは入っているのだが、7万付近までダメージが高まると小さい数値が表示される。
    (それでも、ちゃんと7万近くのダメージを与えている事にはなっている)
  • +レスラー
    使用回数が増えることにより、ボス戦だけでなく雑魚戦でもスキルの活用を狙える機会が増える。
    全体攻撃、連続攻撃、会心狙いなど色々な分野がそろっているので、場面に合わせて使い分けていくことに。


Last-modified: 2013-01-28 (月) 14:13:09 (1698d)