Top / MM2R / DATA / ナース

ナース Edit

回復のスペシャリスト。
素早さが非常に高く、犬を除けば人間の中では全職中トップではあるが、ハンターやソルジャーとの差はさほど大きくない。
装備できる武器に偏りがあり、火炎やガスは装備可能な武器が多いが、他の属性武器に乏しい。
戦闘LVも意外と伸びるがそれ以外は平凡。運転LVはソルジャーに次いで低い。体力(生身の守備力)はメカニックよりも低く、全職中最低。
「薬の知識」で使用する回復アイテムの効果を倍増させたり、「戦場の天使」で味方全員にアイテムを使用できたりする。
薬の知識はナースが生きていればフィールドでも有効。
戦場の天使はきっちりと人数分消費するため、アイテムの残数に注意。

生物であれば賞金首や特定の雑魚(ベヒムースなど)や賞金首以外を即死させる禁断の注射器が非常に便利。
亀や蟻を狩るのがとても楽になる。
ただし、バイオ系とインセクト系にしか効かず、サイバネ系やプラント系には効かない。
そのため、メカニックの解体と比べると、効かない敵がかなり分かりづらい。
賞金首でもスナザメとピチピチブラザーズは例外で、即死させることができる。
なお、クエストをこなす中で戦うことになる中ボスに対して、これが効く敵は意外に多い。(軍艦キングなど)
メカニックの解体とは違って地中に潜った敵に対しては無効。
また、レベルが高くても成功率が特に変化しないようで、高レベルの状態でも失敗が意外に多め。
バイアス・シティに出現する中性子ビーム砲は見た目がタンクなのにバイオ系扱いされており、禁断の注射器が通用する。
見た目がタケノコの敵では、ミサイルバショウだけがバイオ系扱い。

サブにした場合に薬の知識が取得後にナース以外の職へ変更しても有効になる。
とてつもなく便利なので、サブ職業に就けるようになったらとりあえずサブナースをLv1にするといい。

満タン看護によりクルマのSPまで回復出来たバグは修正されている。

種別スキル習得LV説明
オート薬の知識1知識にもとづいた的確な処置で、回復カプセルなどの薬品の効果を倍増させる。
回復戦場の天使3選んだ回復アイテムを仲間全員にすばやく投与し、全員のHPを回復させる。
回復モーレツ看護8全神経を看護に集中し、回復アイテムを使わずに患者のダメージを回復する。
人間オーバードリップ15回復薬を一定時間ごとに投与する点滴により、毎ターンの終了時にHPを少しずつ自動回復する。
人間男気パンチ20自分の男らしさを拳に乗せ最高に男らしいパンチを放つ。男らしいほど、威力が上昇
(男・麗人が習得)
パンチラキック自分の女らしさを武器として最高に女っぽいキックをはなつ。女らしいほど威力が上昇。
(女・オカマが習得)
人間禁断の注射器30急所を的確にさぐりあて、バイオ系モンスターを瞬殺する。
回復気つけ薬40知識にもとづいた的確な処置で、ねむったりマヒしたりした仲間を正常な状態に戻す。
回復満タン看護45全神経を看護に集中し、回復アイテムを使わずに仲間一人のHPを全回復する。
回復戦場のAED55死亡状態になった仲間の蘇生を試みる。成功確率50%。

サブ選択 Edit

  • ハンター
    主に囮寄せ目当て。ハンターマジックと素早さを活かしたアイテムによる補助も狙える。
    素早さ以外はハンターの方が高いため、ハンター+ナースの方がメリットは多いか。
    アタッカーの乗る戦車に同乗させ、ゴーストドリフトで支援させるのも相手次第で有効。
  • ソルジャー
    みだれなげで攻撃力を多少は補う事が出来、人間パトリオットやニンジャステップでの保身も可能。
    手すきの時には、おたけびで攻撃支援役をさせるのも面白いかもしれない。バイオ系へのボーナスも活かせる可能性がある。
    ただし、通信要素と連動させないと連射武器を用意できないので、ダブルアタックやぶっぱなすとの相性はいま一つ。
    また、装備可能な武器の中で人間パトリオットに対応したものがどれも攻撃力に欠ける。
  • レスラー
    腕力や戦闘レベル柄、相性のいい特技が少ない。
    ただし、ジェットハットはそれらに依存せず、ナースの守備力でもある程度のダメージを出せる。
  • メカニック
    クルマ、白兵の両方で補助行動が可能なためとても便利。
    「解体」と「禁断の注射器」で多くの雑魚敵を即死させられるようになる。
    メカニック+ナースと比較すると、戦闘LV・腕力・素早さはナースメインの方が高くなる。
  • アーチスト
    砲弾演舞と特殊砲弾によるサポート向き。
    金粉を使うためにはバイクを降りなければならないので注意。
  • +ナース
    サブジョブの分だけ使用回数が増えてありがたいのは主に、注射器とAEDのふたつだがどちらも回数は増えにくい。
    割と使用回数を抑えやすいスキルが多いため、他のサブジョブでやれることの種類を増やした方が無難。


Last-modified: 2017-01-13 (金) 15:47:43 (166d)