Top / MM2R / DATA / ソルジャー

ソルジャー Edit

運転LV以外は高水準でまとまっている白兵戦のプロ。
装備可能武器が豊富で、単体・範囲・属性など様々な敵に対応可能だが、金や手間がかかるのが難点。
1周目では装備が整いきらないことも多い。
バイク乗車時は人間武器を使う事が可能で、人間武器は戦闘LVの影響を受ける。
一部の特技がバイク乗車時でも使用出来るようになったため、MM3よりもバイク適性がアップ。

  • というか、他の職業はバイク用スキルが全く無い。
    先頭のメンバーがバイク搭乗中は専用BGM「地獄のフリーウェイ」が流れるほか、移動中のドット絵も独自のものになるので面白くはあるのだが。

「武器の知識」で引き上げるのは武器の攻撃力のみで、腕力は無関係。
序盤は重宝するが、レベルが高くなるほど、恩恵は薄くなっていく。

今作の「おたけび」はMM3版のおたけびと速攻を混ぜたような性質に変化。
必ずターンの最初に発動させることができるため、先手を打ちたい場合に便利。
バイク搭乗時にも使用可能。
敵の素早さが高く、先に攻撃されそうな時に使うのが有効。

  • ただし、攻撃対象を選択できない点に注意。
    使う武器に関しては、攻撃時に選んだ最後のものが選択される。
    そのため、使いたい武器を選択→キャンセル→おたけびとすると、使いたい武器でおたけび後に攻撃できる。
    • 一方で挑発系スキル「ハデなカカシ」は削除された。
      「MM3でできた事がMM2Rではできない」というのはかなり珍しい。
      元々が玄人向きのスキルだったのに残念。

「みだれなげ」はMM3と比べて習得レベルが大幅に下がっており、序盤の生命線。
バイク搭乗時にも使用可能になった。
攻撃力に不安がある場合、みだれなげで一斉に攻撃するのが有効。
みだれなげに対応したアイテムは迎撃されるものばかりなので、敵によっては封じ込まれる。
戦闘用アイテムでも、投げるタイプではないキンゾーのお盆やRPG7には対応していない。

  • なお、投げる間隔が結構長めなため、これを使っても迎撃突破はまず不可能。

「戦いのフェロモン」は、エンカウント率を激増させるが、対となる特技がない。
効果を打ち消すには、てきよけスプレーを使う必要がある。
戦車道具でON/OFFの切り替えが自由な「ちんどんスピーカー」の登場により、相対的に使い勝手がダウン。

新技の「人間パトリオット」は、装備している武器を使って敵の攻撃を撃ち落とす。
クルマの迎撃能力や迎撃用S-Eと比べると精度が悪く、成功率も芳しくない。
また、武器によって迎撃するまでのスピードに違いがあり、遅い武器では迎撃する前に被弾する。
迎撃後の硬直もそれなりにあるので、連射されるとまず落としきれない。
対応する武器は通常属性ではSMGウージーやデスペローダーなど銃弾をバラ撒くエフェクトのもの、ショットガンやダブルバレルズなど散弾を撃ち出すもの、電気属性全般、ビーム属性(ビームブリザード以外)。
火炎、冷気、音波、ガス属性には対応する武器がない。
また、SMGグレネードは銃弾をバラ撒くエフェクトだが、銃撃の後にグレネードを撃ち出すという特異な点があるためか、対応していない。

  • 「撃ち落とす」というやり方なので、通常属性武器では対応する武器が限られる。
    迎撃に使用する武器の優先順位は、属性で決まっており、最優先は通常、次いでビーム、最後に電気。
    同じ属性の武器がある場合はスロット1のものが優先される。
    • しかし、ガルシアガンとアームドガンは優先順位が低く、スロット1に装備した状態であろうと、
      スロット2以下に他の通常属性の対応武器を装備していた場合、そちらが優先される。

「ニンジャステップ」はゴーストドリフトと似た特技で、1ターンの間だが敵の攻撃を確実に回避する。
ただし、ゴーストドリフトと違って ターンの最初に発動するわけではない。
使用と同時に燃え、冷え、酸、煙幕、セメント等の状態異常を掻き消す効果を持つ。
回避できない攻撃はゴーストドリフトと共通しており、怪音波、サウルス系の尻尾、832の舞、撃破と同時に出してくる攻撃(ガソリンびじんや給油ポリタンを撃破した際の炎上など)は回避不可。
また、敵が守備力依存攻撃を使用してきた場合、こちらの守備力が大きく上回っていてダメージを相手に跳ね返せる状態だと回避しない。
逆に、守備力が下回ってこちらがダメージを受ける状態の場合は回避を行う。

  • クルマに乗降できる状態で使用すると、効果がクルマ側に反映される という重大な欠陥が存在している。
    ようするに完全に白兵戦な状態でなければ死にスキルでしかない。
    バイクと好相性である職業なはずなのに、完全な白兵戦でしか使えない特技となってしまっている。
種別スキル習得LV説明
オート武器の知識1武器の扱いかたの知識が、装備した人間用武器の攻撃力を自動的に高めてくれる。
バイクおたけび5おたけびを上げながら敵を攻撃。攻撃すると同時に、1ターン仲間全員の攻撃力を上昇させる。
※必ず最初に行動する
バイクみだれなげ10手持ちの戦闘用アイテムを同時に2個以上使用して、新たな戦局を開く。
移動戦いのフェロモン15しばらくのあいだ、移動中にモンスターと出会う確率が上昇する。
人間男気パンチ20自分の男らしさを拳に乗せ最高に男らしいパンチを放つ。男らしいほど、威力が上昇
(男・麗人が習得)
パンチラキック自分の女らしさを武器として最高に女っぽいキックをはなつ。女らしいほど威力が上昇。
(女・オカマが習得)
バイクダブルアタック25反射神経をとぎすまし、同じ武器で2回連続攻撃する。
オート人間パトリオット30自分が装備している武器で、敵が撃った弾を撃ち落とす。達人のみが可能な神技。
人間ニンジャステップ40全神経を守りに集中し、1ターンのあいだ敵の攻撃から身をかわす。
バイクぶっぱなす551ターンのあいだに、手にしているすべての武器で敵を攻撃する。

「みだれなげ」について Edit

戦闘アイテムの全てに対応してるわけではないので注意。
なお「発煙筒」や「煙幕花火」が非対応なのが地味にキツい。
この他にカトール系も攻撃用アイテムのひとつだが、これらは非対応となっている。
(分類上が「どうぐ」のためだろうか?)

  • 【対応アイテム】
    • (市販品)
      ロケット花火、ペンシルミサイル、てりゅうだん、オニヨメボム、DDパイナップル、
      火炎ビン、ニトロビール、ニトロビールDX、フリーズビール、フリーズビールDX、
    • (非売品)
      紗華パイナップル、あぶないろうそく、投げやすい石、投げにくい石
  • 【非対応品】
    • (敵対象)
      様子見スコープ、ていさつスコープ、DDTスプレー、濃縮メチル、サクランHI、スイミンDX、
      発煙筒、煙幕花火、RPG7、キンゾーのお盆、軽石、奇怪ワカメ、フジツボ拳銃
    • (自軍対象)
      バーサー缶、ゲドーピング・タブ、アガベ・エキス、ドーピング・タブ、スピード・タブ、
      ヒートバスター、消化器、コールドバスター、熱電磁カイロ、携帯バリアL、携帯バリアS、
      スーパーポチボンベ、ポチボンベ、ポチボーン、わんわんエナジー、わんわんドリンク

サブ選択 Edit

  • ハンター
    ソルジャースキルがバイクでも使えるようになったため、電光石火で人間武器使用は出来なくなった。
    周回+メタフィンによるLV上限アップでもしないと、ソルジャーの運転LVでも流石に戦車武器>人間武器なため、メリットも多い。
    豊富な武装で弱点をつきやすいソルジャーにハンターズアイは嬉しいスキル。
    戦車や車輪タイプの車に乗っている場合でも人間武器・道具を使用できるハンターマジックとの相性が抜群。
    周回によってはバイクの入手時期が遅くなるので便利。
  • レスラー
    白兵戦をより強化する組み合わせ。
    メインレスラーより腕力は下がるが、素早さが圧倒的に高い。
    ストレッチ後の攻撃や、全体攻撃肉塊グラインダーを敵より先に叩き込める。
  • メカニック
    戦闘力、耐久力で圧倒的に勝るため、安定した補助行動が可能。
    腕力依存のスパナ乱舞への適性がレスラーに次いで高く、素早い行動順で高火力を叩き出すことができる。
  • ナース
    戦闘力、耐久力で圧倒的に勝るため、安定した補助行動が可能。
    バイク搭乗時に搭乗者へ貫通する攻撃を受けても回復しやすいのが利点。
  • アーチスト
    今作は中盤以降、ボス以外にも複数回攻撃を行う敵が増えるため、金粉が割と有効。
    暗黒舞踏を使えば、結構なダメージを出すことができる。
    戦車戦と白兵戦両方の特技があるため、ソルジャーに限らず、足りない部分を補いやすい。
  • +ソルジャー
    人間戦闘時の連続攻撃の使用回数に磨きをかける選択肢。主におたけび、ダブルアタック、ぶっぱなす目当て。
    プレイスタイルによってレスラーで一撃の威力を補うか、ソルジャーで攻撃回数を増やすかを選ぶ自由がある。


Last-modified: 2018-11-03 (土) 00:14:48 (15d)