Top / MM2R / 攻略 / 攻略ガイド / エクスダイダロス

エクスダイダロス Edit

クリア後の追加賞金首。
3のギガンティーガーを髣髴とさせる圧倒的火力と硬さが武器の正統派戦車賞金首。

出現場所 Edit

  • 本編クリア後、ダイダロス撃破済の状態で悪党ミュージアムで情報を聞くとフラグ成立。
  • デスクルス西でランダムエンカウント。
    デスクルス内部でゲートロックを解除していない場合でも、北ゲート?を北側入口から入り、ゲートをコンソールで開いてから砂漠に入ることができる。
    ただし、この状態ではフィールド上で砲撃を受けるので注意が必要。
    • 囮よせの場合、ダイダロスと違って単独で出現しやすい他、
      周辺に出現するザコ敵と一緒に出現したりする。
      一応、出現場所は「砂漠」とオフィスで聞くことができるが、北ゲートから出てすぐの場所(サンダードリルが埋まっている地点)の荒れ地でも囮よせ可能。
    • エクスダイダロスが入るスペースなどを計算しなくていいため、出会うのは楽。

要点攻略 Edit

3のギガンティーガーに比べて守りは甘いのですが、とにかく攻撃が激しいです。何らかの迎撃装置は必須と言えるでしょう。
特に全門斉射が凶悪で、機銃+4回連続全体の砲撃をぶっ放し続けます。
ものすごい勢いでタイルが削られるので、煙幕、迎撃装置、メカニックのタイル命のいずれかはあった方がいいでしょう。
ただし、複数のクルマで挑む場合は全体迎撃S-Eだと自身の迎撃が疎かになりがちで、単体迎撃S-E使用時よりも被弾率がかなり上がってしまいます。
ダイダロスと同じく雑魚として解体コプターを呼びますが、レーザーによる全体迎撃持ちなので、放置するとこちらの砲撃が邪魔されます。
それだけでなくただでさえ高い攻撃力を改造で上げられてしまうと、さらにこちらの守りが危うくなってしまいます。
解体コプターは飛行モンスター扱いなので回避力がそこそこ高いことに注意しましょう。音波、電気、ビーム属性なら安定して当たります。
エクスダイダロス本体はこちらの砲撃・ミサイルに対して機銃で迎撃しようとしますが、実際は迎撃が全く機能しておらず、お飾りです。
むしろ、ビーコンで呼び出す解体コプターの方が迎撃に優れています。
そこにつけこんで、セメント弾や発煙筒が確実に通り、それらを使うとかなり戦闘が楽になります。
というよりも、ないと長期戦を強いられて、火力に押し切られる危険があります。
S-Eラッシュにカリョスモークを混ぜ込んでもいいですが、そこまでしなくても簡単に煙幕状態にできます。
命中と回避が非常に高いので、煙幕・セメント状態にすることで、被ダメージが大幅に減少し、与ダメージもバカにならないものとなります。

シーハンターを4つ以上積んだクルマを2輌以上用意してS-Eラッシュを使うと(キャラクターのレベルにもよりますが)
すごい勢いでパーツを破壊していくため、かなり戦闘が楽になりますが、
中途半端に破壊してしまうと全門発射を連続使用してきたりするリスクもあるので、破壊する場合は徹底するように。
ターン終了と同時にパーツの自動修復を行うため、完全な無力化はできません。
普通に戦う場合はガス属性以外には全く耐性がなく、攻撃力や攻撃回数に優れた装備をありったけ持ち出し、撃ち合うのみです。

  • ガス以外の属性武器+属性攻撃強化のLOVEマシンは意外に有効です。
  • ダイダロスと違って弱点属性は特になく、電気属性は弱点ではありません。

ダイダロス同様、空中無効の武器を利用したLOVEマシンによるキラ化パターンはこちらでも有効です。
シーハンターなどの攻撃力を最大改造して運用しましょう。

落とすアイテム Edit

  • ダロス3000
    穴1の武器を3回使用する特性「トリプルアタッカー」付きのCユニット。
    コマンドで使用する際には「トリプルショット」の名前になっているので注意。
    弾薬の消費が3倍になるため、装弾数無限の武器との相性が良い。穴-1限りの無限電光石火と思えばとても優秀。
    やたらと守備力が高いので、軽量化の余地がかなり多いのも長所。
  • サイレントダロス
    迎撃回避能力付きのCユニット、難易度を上げて周回する予定なら持っていて損はない。
    しかし実際には迎撃回避してくれず、対空能力に酷似した性質を持つ。
    コレクターズアイテムとしての側面が強いが、スカイウォッチより少しだけ軽く、実用性がないわけではない。
  • エクスダイキャノン
    クリア後としてはやや地味な2連射のバースト砲。ドロップ率は劣悪。
    2連バーストとしては最も攻撃力が高くなる。
    ダイキャノンとは違って、特殊砲弾は使用不可。


Last-modified: 2013-10-03 (木) 11:33:53 (1512d)