Top / MM2 / 攻略 / 攻略ガイド / バイアス・ブラド

バイアス・ブラド Edit

嘗て「ブラド・コングロマリット」と言う世界的大企業の経営者であり企業家だった天才科学者。
不治の病に冒されたことで、常軌を逸した死への恐怖から”死を克服する”という目的の為に
自身の開発した第六世代アシンクロナスコンピューターを人間の脳に見立て、其処に自分の全人格と記憶を移植した姿。
リメイク版のMM2Rでは『バイアス・ヴラド』表記になっている。
第一段階、第二段階の2連戦があり、倒すとエンディングが始まる。

出現場所 Edit

バイアス・シティのB7の上の部屋に鎮座しています。近づくと会話が始まり「はい」を選択すると戦闘になります。

要点攻略 Edit

サイクロトロン Edit

戦闘前に最下層まで行ってサイクロトロンを停止させないと、毎ターンHP全回復しますので必ず停止させましょう。停止の方法はバイアス・シティの攻略を参考に。

バイアス・ブラド Edit

第一形態のバイアス・ブラドは属性無しの全体攻撃と単体攻撃、混乱音波を使用してきます。
防御力が高めなので、戦車での攻撃力の低いメカニックやソルジャーはホローチャージを使って会心の一発を狙っていきましょう。
非常に攻撃力が高いのでポチにはポチボンベを持たせず、満タンドリンクを持たせましょう。

トランス・ブラド Edit

バイアス・ブラドを倒すと、第二形態のトランス・ブラドになります。防御力が一気に下がり、驚異的な攻撃力を誇る電撃の全体攻撃と単体攻撃を繰り返してきます。
電撃なのでアースチェインアースのしっぽが有効です。かなりダメージを減らしてくれるので忘れずに。
防御力が低いので195ミリバーストでの攻撃が有効です。
のんびりしてると一気にSPを削られほとんどのパーツが大破という状況になりかねませんので、大砲連射で一気にゴリ押ししましょう。
キツイ場合は特殊砲などを外してSPを上げるなどすれば勝てるはずです。

エレキバリア Edit

LOVEマシンをエレキバリアセッティング(3112)してトランス・ブラド戦で使うとダメージを激減出来ます。人間でのクリア等には有効ですが、例によって痛恨の一発は貫通しますので注意。

ポチは戦力外? Edit

バイアス・ブラドの全体攻撃はポチが食らえば約2000のダメージになります。
よほどレベルを上げているかわんわんグルメを大量に食べさせているのでもない限り即死は免れないので最初からいないものとして考えた方が良さそうです。

ラスボス戦の台詞 Edit

ブラドの台詞

  • 「死・・・死とは恐ろしいものだ・・・」
  • 「わしのあらゆるおこない・・・わしの偉大な才能・・・その全てが死によって失われてしまう・・・」
  • 「死は わしからこの世界を奪い取り、わしという偉大な英知を消し去ろうとした・・・。」
  • 「お前たちはわしの死を望むのか!? さぁ、答えるのだ!! このバイアス・ブラドに死をもたらそうとするのか!?」
    • はい→
      「では このわしが お前達に死を教えてやろう! 己の体で存分に味わうがいい! 死とは何かを!」
    • いいえ→
      「ならば立ち去れ! わしの事など忘れ おもしろ おかしく 生きていくがよい!」

ブラド一戦目後の台詞

  • 『死・・・このわしにとっては 死さえも もはや 懐かしい・・・』
  • 『わしは一度死んだ・・・だが 死が手に入れたのは 病に蝕まれた わしの体だけだったのだ!』
  • 『すでにわしの脳髄は このブレイン・バイザーに移し替えられておった!』
  • 『バイアス・ブラドという偉大な精神は 死をも乗り越えたのだ!』
  • 『だが これはまだ仮の姿にすぎぬ!』
  • 『わしの意識が物質を超越し 純粋エネルギー体となる その時こそ・・・』
  • 『わしは不死の存在となる!』
  • 『見るがいい わしの力を 物質を超越したわしの姿を!』

ブラド二戦目後の台詞

  • (死・・・!)
  • (消える・・・!)
  • (消えていく・・・!)
  • (すべてが・・・世界が・・・このわしが・・・)
  • (死・・に・・た・・く・・な・・い・・)
  • 死にたくなーーーいーーーいーーーいーーーいーーー

バイアス・ブラドについて Edit

  • 生前はあらゆる化学技術に精通した稀代の大天才であり、環境問題を科学の力で解決すると主張する政治家・実業家でもあった。
    • 実際、会社を擲ってまで環境汚染の解決に取り組もうとしており、風力発電所や湖水浄化プラントを次々建設している。
  • 環境問題解決の為、ライバル企業であった神話公司と提携し、スーパーコンピュータ「ノア」を完成させた。
    • その後、不治の病に侵された博士は全ての事業を放り出し、自分の研究室に閉じ籠る。
      この時、博士の神経組織と記憶タンパクの全データをアシンクロナススーパーコンピューターに移植。
      しかし再び彼が研究室を出る事なく、ノアによる人類文明を殲滅する「大破壊」が発生。行方不明になる。
    • 生前の博士の別荘には、博士と若い女性らしき二人の幽霊がテニスなどに興じ楽しそうに過ごしている。
  • バイアス・グラップラーを指揮して人間狩りを行っていたのは、人体実験により究極の生物を作るため。
    テッド・ブロイラーはその研究成果により不老不死を得ようと従っていた。
    • MM2Rでは生前の博士の疑似人格と対話する事ができるが、人間狩りもバイアス・グラップラーも彼の意志ではない。
      しかし彼の会社のスローガン「ゆりかごから墓場まで 殺人兵器から病院まで」や
      実際非人道なクローン技術や兵器開発を行っていた事を考えると、根本的なところはサイコパスなのかもしれない。
    • そもそも博士の意識が物質を超越し、純粋エネルギー体となり不死の存在になるのが最終目的であれば、すでに人体実験の必要はない。
      ならばわざわざグラップラーを指揮して人間狩りをしていた理由は・・・?
      • 現在の機械の体を「仮の姿」と言っているように、究極の不老不死生物を作って自分を移植するつもりだったのだろうか?
      • それとも動けない自分を「死をもたらそうとするもの」から守る私設軍隊として運用する為、配下となる者への餌として不老不死の研究を掲げていたのか?
      • 或いは、狂気によって外れたタガが科学者としての好奇心を暴走させたのかもしれない。
  • MM2Rではフメツ・ゲートのゲオルゲ警備主任が「ノアのモンスターからバイアス・シティを守る砦」と言っている事から
    やはりグラップラー自体は「死をもたらそうとするもの」から動けない自分を守る為の私設軍隊として設立した可能性が伺える。
    • 尚、2Rでゲオルゲを改造して研究者たちを皆殺しにし、不滅のヴラドを停止させたのはこの機械のバイアス・ヴラド。
      時系列的にバイアス・ブラドは不滅のヴラドを完成させた後、不治の病に侵され、機械の体にデータを移植後、大破壊で死亡した事になる。(そして後に亡霊化)

落とすアイテム Edit

落とすアイテムはありません。


Last-modified: 2017-10-26 (木) 12:28:31 (28d)